日経225先物の建玉とは?

 スポンサーリンク

日経225先物で色々な情報を見ていると「建玉」ってありますが、
一体何?と言う人もいるのではないでしょうか。

日経225先物で取引されるのは株価指数なので、形がありません。

そのため、何かを交付する…というわけにはいきません。

指数と約定した価格から差額をだし、その差額を受渡することで、決済ができます。
契約をして先物取引を始めてから、転売や買戻しを期限までして
いきますが、最終決済をする前のものを未決済約定と言います。

その未決済約定の数が建玉です。

買いの建玉⇒転売

売りの建玉⇒買戻し

この2つの建玉で決済をすることができるのです。
また、この2つをしない場合でも、日経225先物は期限があるため、
最終決済されます。

ちなみに、この最終決済をするのにはこの期限の満期の決済に
使われる特別清算指数(SQ値)で自動決算されます。

とはいえ、せっかく日経225先物を契約したら、満期の日まで
初心者でも日経225先物miniがあるのでいろいろと試して
勉強していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする