ストレッチを忘れずに!

スポンサーリンク
ストレッチ

トレーニングの前後にはストレッチが必要です。

今回はストレッチの種類について解説します。

一般的なストレッチの種類(の一部)

静的ストレッチ(Static Stretching)

– シートストレッチ(Seated Stretch)
– スタンディングストレッチ(Standing Stretch)
– フロアストレッチ(Floor Stretch)

ダイナミックストレッチ(Dynamic Stretching)

– ハイニーキック(High Knees)
– バットキック(Butt Kicks)
– ウォーキングランジ(Walking Lunges)

アクティブアイソレーション(Active Isolation)

– レッグレイズ(Leg Raises)
– アームサークル(Arm Circles)
– ネックローテーション(Neck Rotation)

ヨガストレッチ(Yoga Stretch)

– ダウンワードフェーシングドッグ(Downward-Facing Dog)
– カットカウ(Cat-Cow)
– ウォリアーポーズ(Warrior Pose)

ピラティスストレッチ(Pilates Stretch)

– スワン(Swan)
– クルーズ(Criss-Cross)
– シャウトアウト(Shout Out)

バランスストレッチ(Balance Stretch)

– 一本足立ち(Single-Leg Balance)
– ツイスティングスタンド(Twisting Stand)
– スクワットボール(Squat Ball)

プロップを使用したストレッチ(Prop-Assisted Stretching)

– ストレッチバンドを使用したストレッチ(Stretch Bands)
– ヨガブロックを使用したストレッチ(Yoga Blocks)
– フォームローラーを使用したストレッチ(Foam Roller)

ストレッチボールを使用したストレッチ(Ball-Assisted Stretching)

– バックストレッチ(Back Stretch)
– ハムストリングストレッチ(Hamstring Stretch)
– グルートストレッチ(Glute Stretch)

 

これらのストレッチの種類は、筋肉の柔軟性を向上させ、体の緊張を緩和し、運動前または運動後に実施することが一般的です。ストレッチは体の健康と運動パフォーマンスの向上に役立ちます。ただし、正しいフォームで行うことが重要です。ストレッチを行う際には、無理なく、痛みを感じない範囲で行うことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました