PR

“目的別の重量負荷設定で最大の効果を引き出す!ダンベルショルダーシュラッグの完全ガイド”

スポンサーリンク
筋トレをしよう

はじめに

こんにちは、フィットネス愛好家の皆さん!今日は、ダンベルショルダーシュラッグについて詳しく解説していきます。このエクササイズは、トラップス(肩甲骨周辺の筋肉)を鍛えるのに最適な運動です。しかし、重量設定によって効果が大きく変わるため、自分の目的に合わせた設定が重要です。

ダンベルショルダーシュラッグの基本的なやり方

まずは、ダンベルショルダーシュラッグの基本的なやり方から説明します。ダンベルを両手に持ち、肩幅より少し広いスタンスで立ちます。肩を上に引き上げるようにシュラッグし、一瞬キープした後、ゆっくりと元の位置に戻します。この動きを繰り返します。

目的別の重量負荷設定

次に、目的別の重量負荷設定について説明します。まず、筋力アップを目指す場合は、自分が持ち上げられる最大の重量の70-80%を使用します。これにより、筋肉に十分な刺激を与えることができます。 一方、筋肥大を目指す場合は、自分が持ち上げられる最大の重量の50-70%を使用します。これにより、筋肉に長時間の刺激を与えることができます。 最後に、筋持久力を目指す場合は、自分が持ち上げられる最大の重量の30-50%を使用します。これにより、筋肉に持久力をつけることができます。

まとめ

ダンベルショルダーシュラッグは、トラップスを鍛えるのに最適なエクササイズです。しかし、その効果は重量設定によって大きく変わります。自分の目的に合わせた重量設定を行うことで、最大の効果を引き出すことができます。 以上、ダンベルショルダーシュラッグの完全ガイドでした。これを参考に、ぜひ自分のトレーニングに取り入れてみてください。
タイトルとURLをコピーしました